雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

御神楽岳 覚道沢~西谷地小屋沢下降

ルート:覚道沢~覚道の頭~西谷地小屋沢下降(2017/10/21)


7:00 登山口-7:40 覚道沢出合-8:15 虹の大滝 9:00-10:50 覚道の頭-13:15 西谷地小屋沢-14:00 登山口

会の草鞋おさめで御神楽岳へ。元々は一泊二日でガッツリ登る予定だったが、大型台風の接近で日曜は雨なので、土曜のみ実施でルートもショートの覚道沢に変更。
登山口から少し進むと今まで見たことのない大岩が道を寸断している。今年崩落したものらしいが、一応登山道なのでは歩く道は新たに作成されている。40分ほど歩くと覚道沢出合に到着。今回は二人パーティだが、同じく覚道沢を登るもう一パーティと一緒に入渓する。


f:id:PerseidCross:20171021073955j:plain


覚道沢下部のゴルジュは適度に登りが楽しめる滝が続くが、全体的にぬめっていてラバーソールだとややつらい。


f:id:PerseidCross:20171021074701j:plain


やがて二俣で左手にスダレ状の虹の大滝が現れる。ホールドはそれなりにある様に見えるが、リスがないのでランナーが打てそうにない。記録ではみんな登ろうとして敗退しているらしいが、頑張れば行けそうなので取付いてみる。


f:id:PerseidCross:20171021081405j:plain


登路は左壁のブッシュとのコンタクトライン。ランナーは基本ブッシュで一ヵ所浅打ちハーケン。直上した後は落ち口へ向かって斜上トラバースをかけるが、足場がぬめっておりスリップの恐怖との戦い。最後はカムを決めたあと、最悪振り子トラバースかと思っていたが、何とかフリクション勝負で落ち口まで抜けることができた。もう一パーティは右壁を岩峰の上まで登っており、もう少し時間がかかりそうなので先に行かせてもらう。


f:id:PerseidCross:20171021085836j:plain


ここから少し進むと、スラブ状の大きな滝が二つ現れる。ここは傾斜の緩い右側の滝をフリーで快適に登る。その後はスラブが広がるのかと思いきや、詰めの様な感じの渓相が稜線まで続く。当初は高頭から栄太郎新道を下山する予定だったが、少々物足りないので西谷地小屋沢を下降することとする。


f:id:PerseidCross:20171021100126j:plain


稜線にでると反対側はガスで覆われており、広谷川だけ運よく視界が開けているらしい。ガスが広がらない内に下降したいので先を急ぐ。覚道の頭からは湯沢の展望が素晴らしい。下降ルートは赤ヤシとの鞍部よりも、覚道の頭から東に延びる尾根を進んで、ブッシュが続く子尾根を辿る方がよさそうに見えるのでこちらに進む。


f:id:PerseidCross:20171021104736j:plain


覚道の頭の下は岩壁が広がっており、そこを巻く様に下っていく。懸垂下降を6回程度交えて、ブッシュ帯をどんどん下降。途中で西谷地小屋沢を登っているパーティとコールを掛け合う。


f:id:PerseidCross:20171021105120j:plain


スラブ帯を抜けると後は平凡な渓相となり、ひたすら下るのみ。途中で秋の恵みに出会ったりもしながら、異様にぬめるナメをスリップしつつ抜けて登山道へ。ここで虹の大滝の登攀で別れたもう一パーティが高頭経由で栄太郎新道を下ってきたところとドンピシャで出会う。


f:id:PerseidCross:20171021121444j:plain


下山後は草鞋おさめのメインでもある飲み会へ。今期の沢活動と今後の目標を夜遅くまで語らい、明朝帰京した。

万太郎谷オタキノ沢

ルート:万太郎谷オタキノ沢(2017/10/14)


5:10 茂倉岳登山口-6:00 万太郎谷入渓-9:40 オタキノ沢出合-13:00 ドーム状50m滝下-15:40 登山道-18:10 茂倉岳登山口

茂倉新道登山口に車をデポして小一時間ほど林道を歩き、万太郎谷に入渓。
オキドウキョウは泳ぎを交えながら突破。沢シーズン終盤なので、濡れると当然寒い。井戸小屋沢出合を過ぎるあたりから紅葉も素晴らしく、秋の万太郎を存分に満喫する。


f:id:PerseidCross:20171014075706j:plain


一ノ滝は左壁からロープを出して登る。ピンベタ打ちなので簡単。ただし滝音で笛のコールが聞こえない様で、セカンドの登り出しに手間取ってしまった。ここを越えると、すぐにオタキノ沢出合。


f:id:PerseidCross:20171014092124j:plain


オタキノ沢入渓後は簡単な小滝を越えて、8mナメ滝で再びロープを出す。沢慣れしたメンツならロープ不要だが、今回は登攀的な沢が初めてのメンバーなので、これでもかというほどロープを出した。 続く2段10mトイ状は水線上を突破。


f:id:PerseidCross:20171014101730j:plain


20mトイ状滝は最高にシャワークライミングを楽しめそうな滝で、喜々として取付く。ランニングはカムやハーケンと合わせて、CSのタイオフを活用。メンバーが顔面びしょ濡れで登ってきて震えているので今更ながら雨具を着る。


f:id:PerseidCross:20171014104806j:plain


気が付くと対岸の万太郎谷がくっきりと見えており、山肌の紅葉が美しい。滝も楽しく、ロケーションも最高で言うことなし。続く10m滝も飽きずにロープを出してシャワークライミングを楽しむ。


f:id:PerseidCross:20171014121937j:plain


大岩が挟まった15m3段トイ状滝は左岸から巻く。途中からやや悪い巻きになるのでロープを出す。上部の滝も登れなさそうなのでまとめて巻く。
巻き終わりの13mナメは傾斜はきついが斜上バンドにステップがあるので、ここもシャワーを浴びながら登る。


f:id:PerseidCross:20171014122039j:plain


この上で左岸からスラブ沢が入り、沢は左に折れる。この辺りから急にガスが湧いてきて視界が消える。


f:id:PerseidCross:20171014131030j:plain


ドーム状50m滝、通称コロッセオはガスの中にぼんやりと浮かび上がって幻想的。ここはジグザクに登ればよいが、二俣かと思って中段から右にトラバースしたのが失敗。右手の沢は右俣ではなかったので、コロッセオの中段で行ったり来たり。落ちたらアウトなのでロープを出してトラバースするが、かなり時間を費やしてしまった。おかげでコロッセオの隅から隅まで堪能することができた。


f:id:PerseidCross:20171014131147j:plain


再び流線に戻って正しい右俣に入る。大きめのナメ滝がでてくるがこの辺はフリーで問題ない。前方には槍状岩峰と岩壁が出てくるので、ここの間のスリットに入り込む。10mトイ状は登れないので左のルンゼを直上するが、ズルズルでやや悪い。


この後は源頭の様相で、軽く藪を漕いで登山道に到着。最後はヘッデンのお世話になりながら、茂倉岳登山口に戻る。岩の湯から人参亭という安定のムーブを決めて、終電前に帰京。

水無川真沢~祓川

ルート:越後 水無川真沢~祓川(2017/10/8-9)


10/8(日)5:40 ゲート-7:20 デトノアイソメ-8:20 御月山沢の巻き 9:50-12:30 北沢出合-13:20 幣ノ滝上C1

10/9(月)5:45 C1-6:10 白竜の滝下-7:10 祓川大滝下-8:20 登山道-9:00 中ノ岳避難小屋 9:30-10:45 日向山-11:55 十字峡


10/8(日)

三連休だが土曜の予報が悪いので、転進案として日・月で水無川真沢を計画。
今年は森林公園までの道は十二神社の少し先でゲートにより閉鎖されているが、森林公園まで歩いて30分程度なのでそこまで問題はない。ゲート前でオツルミズに向かう同会のメンバーと遭遇して、ほぼ同じタイミングで歩き出す。

デトノアイソメまでは昨年、デトノオオナデ沢・滝沢・北沢と三度も通っているので見慣れた風景。今年も雪渓は御月山沢の巻きまで一切なし。


f:id:PerseidCross:20171008083833j:plain


御月山沢の巻きは昨年より明瞭な気がしたが、スリップしたら雪渓に吸い込まれるので初心者不可。少しの落石で足元の雪渓が爆音と共に連鎖して崩れ落ちる。最後は懸垂で川床に降り立ち、1時間半ほどで巻きが終了。


f:id:PerseidCross:20171008112454j:plain


続く滝は右岸巻きでダブル斜め懸垂で滝の落ち口へ。関門の滝とくの字滝は、それぞれロープを1P出して登る。


f:id:PerseidCross:20171008114454j:plain


くの字滝上のゴルジュの滝もすべて直登可能。北沢出合は昼過ぎに到着するが、三人なので昨年よりもやや時間がかかっている。北沢との二俣はやはり素晴らしい景観で、しばし写真撮影タイム。


f:id:PerseidCross:20171008120614j:plain


幣ノ滝は右壁をフリーでどんどん登り、最後に1Pロープを出す。冷たい水流に手を突っ込みながら斜上トラバースし、左壁から落ち口へでる。時間はまだ13時だが、この先によい幕場はないとのことなので、この辺の河原で幕営することとする。明瞭なスペースがある訳ではないが、砂利をかき分ければツェルトを張るのには問題ない。


f:id:PerseidCross:20171008122324j:plain


翌日遡行した際、祓川大滝の下にも一ヵ所幕営適地を確認したが、薪がないのと増水に弱そうなのが難点。時間に余裕があるなら祓川大滝を越えて源頭部に出るという手もあるが、悪天予報に追われているのでなければ、ここはやはり水無川の深淵で焚火と共に贅沢なひと時を過ごしたい。


f:id:PerseidCross:20171008123137j:plain

 

10/9(月)

翌日も朝から焚火を楽しみ、明るくなったタイミングで行動開始。最初の20m滝はロープを出して快適に登る。


f:id:PerseidCross:20171008125444j:plain


核心の白竜の滝はとりあえず取付いてみるが、右上するルンゼは逆層で苦戦しそうなのでしばし逡巡した後、リングボルトのロワーダウンで戻る。左トラバースしたところから直上の行けるか微妙そうなラインが見えるが、メンバー全員あまり粘る気はなかったので、早々に左岸巻きに移行する。ここは比較的簡単な巻きで滝上に出れる。


f:id:PerseidCross:20171009061243j:plain


ちょっとした幕場適地を見送った後、真沢と祓川の二俣に到着。祓川はさすがのスケール。滝全体で250m程の高さだが、ほぼ全てフリーで快適に登れる。最後の1Pだけ落ちたら大変なことになるので、ロープを出す。


f:id:PerseidCross:20171009071232j:plain

f:id:PerseidCross:20171009072216j:plain

f:id:PerseidCross:20171009072835j:plain


続く滝を二つほど越えると、沢は一気に源頭の雰囲気。対岸の極楽尾根から見ると分かりやすいが、なだらかな源頭と祓川大滝の大スラブとの切り替わりはまさに天国と地獄の様相。


f:id:PerseidCross:20171009075150j:plain


癒し渓の源頭を左、右と進むとやがて登山道に合流。ここから中ノ岳まで標高差350mアップを黙々とこなす。


f:id:PerseidCross:20171009083032j:plain


中ノ岳避難小屋には9時に到着。山頂付近はガスが取れたりかかったりですっきりしない。紅葉は見ごろで、登山道での下山も目を楽しませてくれる。特に日向山山頂からの中ノ岳と池塘の景観が素晴らしかった。


f:id:PerseidCross:20171009104558j:plain


後半は残暑を感じさせる様な気候の中、足早に下山してお昼前には十字峡に到着。デポしておいた車で三国の温泉へと向かった。