読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

黒部川スキー横断

黒部川スキー横断(2017/3/18-20)
メンバー:ハッチ、Minapoさん

3/18(土)
5:50 日向山ゲート-7:20 扇沢-11:20 針ノ木峠-12:50 蓮華岳西峰-蓮華岳南西斜面-15:40 平ノ渡 C1

3/19(日)
5:45 C1-中ノ谷-8:45 窓-御山谷-13:00 一ノ越 C2

3/20(月)
6:15 C2-弥陀ヶ原-14:10 美女平-16:10 立山


前日は松本泊、ムーンライトで5:10に信濃大町に到着してタクシーに乗り込み、日向山ゲートへ。タクシーの運ちゃんは雪が少ないと言っていたが、個人的な感覚は多めなので少なくとも立山側は大丈夫であろう。
ゲート前には車が数台止まっており入山者が多そうな雰囲気。但し、半分は針ノ木雪渓往復だと思われる。まずは一時間半の林道歩きだが、同じく黒部横断予定のパーティに二組も遭遇。毎年徐々に人が増えている様でちょっと複雑な気分。


f:id:PerseidCross:20170318083629j:plain


扇沢からはシール歩行となるが、針ノ木雪渓は前二回と比べてデブリもなく歩きやすい。谷中はパウダーが溜まっているが、今日は気温が上がりそうな上に、滑る予定の斜面は南向きなので、残念ながら滑りは期待できそうにない…。
谷が曲がったところで上部に二人組が見え、なんとなくY田Pかなと思って進んでいくが、やはりそうであった。トレースはその上にも続いており、先行パーティがいる様子だが、後で知ったところによるとこちらも知り合いのパーティだった。
黒部まで来ているのは知り合いばかり…。針ノ木峠ではY田Pと合流して記念写真を撮る。


f:id:PerseidCross:20170318114605j:plain


ここで一旦、滑りに不安のあるMinapoを針ノ木谷を滑るY田Pに入れてもらい、ハッチと二人で蓮華岳方面へと進む。
板を担いで標高差250mアップで蓮華岳西峰に到着。ここから蓮華岳南西面へと滑り込む。雪面の状態はきれいだが、いざ滑りこんでみると一部氷化しており気の抜けない斜面。蓮華岳をバックにかっこよく滑ろうと思ったが、とてもそんな状況ではないので、安全に標高を落としていく。


f:id:PerseidCross:20170318120859j:plain


ノドの部分は右手のルンゼに入るが、この辺から今度はモナカ。この辺もそれなりに斜度はあるが、ルンゼ状で谷の幅が一気に狭まるので、しばし手強い滑りが続く。


f:id:PerseidCross:20170318131723j:plain


ノドを抜けると斜度も落ちるが、相変わらず谷が狭く両側壁はぶっ立っているので、いつ雪崩が来るか分からない。まともに休める場所もないのでどんどん滑っていくと、やがて針ノ木谷の出合で休憩中のY田Pの姿が見えた。


f:id:PerseidCross:20170318131757j:plain


ここからまた三人で行動となり、Y田Pと前後して行動する。針ノ木谷の後半は沢割れが気になるところだが、結局一回板を外しただけで平ノ渡手前まで行くことができた。


f:id:PerseidCross:20170318144613j:plain


黒部川の渡渉は今回はネオプレンソックスで挑戦。最初はそんなに寒くないかなと思ったが、そこはやはり雪代、渡渉の後半ではシビれる寒さで素早く渡らないと凍傷になりかねない。ただし、本気の渡渉はこの一回で済んだ。


f:id:PerseidCross:20170318150510j:plain


中ノ谷に入るとよい幕営地がないので、今日は平ノ小屋近くの広い雪原(夏は湖面)にテントを張ることとする。
M平Pとも無線交信が取れ、お互い本日の状況を共有。こちらは散々な雪質だったが、大スバリ沢は三月とは思えないパウダー滑降だったとのこと。
明日は計画では室堂を目指す予定だが、残念ながら天気予報が急激に悪化している。判断が難しいところだが、ここは黒部のド真ん中。日数的にもあまり停滞はしたくないところ。明日の朝の予報を見てまた考えることとする。ところで夜半、平ノ小屋方面から犬の吠える声が聞こえてきたが、いったい何だったのだろうか…。


f:id:PerseidCross:20170318161339j:plain


3/19(日)

翌日、日付が変わった頃からパラパラと降雪。中ノ谷は側壁からの雪崩が怖く、こういった条件であまり入りたくないが、新雪より下の積雪は安定しているので、スラフに注意しながら行動することとする。
まずは懸念の中ノ谷下部の大滝だが、今年もバッチリ埋まっており問題なし。少し進んで、左岸の比較的緩い斜面に入り、窓とよばれる標高2030mのコルを目指して標高差300mを登る。


f:id:PerseidCross:20170319062708j:plain


ゆるい沢型で雪崩のリスクはそこまでなさそうだが、デブリもあり、やはり降雪中に入るのは気持ちがよいものではない。案の定、側壁からスラフが発生して、流されないものの足元にかかるということがあった。


f:id:PerseidCross:20170319083401j:plain


窓へは最後雪庇を崩す必要があり板を脱いでスコップを用意するが、ここも地形的に流されることはないもののソフトスラブアバランチが発生。慌てず雪庇を崩してコルに乗り上げ、出発から三時間でようやく窓に到着。
ここからは御山谷に滑り込むことになるが、依然天気が悪くあまり視界もない。このまま進むか、ザラ峠にエスケープするか悩ましいところだったが、運よくガスが取れて視界が効く様になる。


f:id:PerseidCross:20170319090554j:plain


ピットチェックの結果も新雪との結合以外はかなり安定しており、地形的にも尾根上の台地地形を拾えば比較的安全に降りられそうだったので、頑張って進むこととする。
滑ってみると思った以上に良い雪で今回の山行で一番楽しい滑降であった。標高差は少ないのであっという間に御山谷のボトムへ。太陽も出てひと心地付いた感じだが、いつまた悪化するかもわからないので、頑張って一ノ越まで登り始める。


f:id:PerseidCross:20170319093920j:plain


御山谷は先行者がいる様だが、トレースは風雪で消え始めている。最初はM平Pのものかと思ったが、後で無線交信すると御山谷下部で停滞していた様で、こちらは昨日針ノ木雪渓から続いていた別の知り合いの方のトレースであった。
ボチボチと標高を上げていくが、やはり後半は天気が悪くなり、視界も効かなくなる。積雪自体は安定しているが、ホワイトアウトはやはり面倒。
13時にようやく一ノ越に到着するが、案の定爆風。当初は室堂の風のないところまで行こうとしていたが、視界がないので致し方なく一ノ越にテントを張る。テントの周りには風除けのブロックを積むが、つむじ風で何度も壁が崩れる。前のGWの時もそうであったが、小屋の周りは意外と巻き込みの風が強い。
そうこうしているとM平Pも一ノ越まで上がってきて、昨夜同様ぶなPとの合同幕営と相なる。


3/20(月)

夜半まで風雪が続き何度か雪かきもしたが、明け方には雪も止み、満点の星空。但し、相変わらず爆風で出発の準備はつらい。
一ノ越直下は一瞬固いが、すぐに吹き溜まりになるのでスキーを履く。シュカブラで滑りづらいが、まあまあ快適。


f:id:PerseidCross:20170320062347j:plain


浄土山からの雪崩を警戒して迂回気味に滑り、再びシールを装着して室堂ターミナルへ登り返す。弥陀ヶ原までは緩やかに下っているが、昨日の降雪で下りラッセルなので、残念ながらシール歩行の方が早い。天気は素晴らしく、眼前に日本海という最高のロケーションだが、時間的にはタイトになりそうなので頑張って進む。


f:id:PerseidCross:20170320074000j:plain


除雪も大分進んでおり、終始アルペンルートの左岸を歩く。前半は素晴らしい景色を楽しめるが、ひたすら長いので弥陀ヶ原から先の樹林帯は消化試合の雰囲気。アップダウンも激しくシールを外せない。正直スキーを生かした下山とは言えないので、やはり条件がよければカスミ谷を滑りたいところ。


f:id:PerseidCross:20170320083001j:plain


出発から八時間で美女平に到着するが、ここからの材木坂が今山行の真の核心。最初はスキーで滑れるが、途中から雪の途切れた細尾根となり板を担ぐものの、踏み抜きが凄い。シートラでの歩行は滑落したら姿勢の制御が難しく滑落停止もできないが、踏み抜きは上半身が下に投げ出されやすいのでかなり怖い。


f:id:PerseidCross:20170320124758j:plain


電車の時間も迫っているので奮闘しながら下山し、なんとか16時台の電車に乗り込む。同じタイミングでまたスキーを担いだ登山者が三名乗り込んできたが、なんとガイドの澤田さん。どうやら我々の後から黒部横断をされていた様で、平ノ渡からは降雪中で雪崩リスクのある中ノ谷を敬遠して平ノ小屋から中ノ谷の右岸尾根を登ってこられたとのこと。さすがはガイドの判断、今後の参考とさせて頂きます。


富山駅ではあまり時間もないので、近場の風呂にタクシーで往復し、白エビ天丼と富山ブラックで締め。
三月では三度目の黒部スキー横断となったが、今回がもっとも天気に苦しめられ、雪崩リスクを考えさせられる山行となった。ぶなP同士協力して三隊とも横断に成功したのは嬉しいが、この結果に過信せず、山行中の安全管理については自分なりに考えを深め直したい。そして次回はまた別のルートから横断にチャレンジしたい。


爺ヶ岳主峰東面~小冷沢滑降

爺ヶ岳主峰東面~小冷沢滑降(2017/3/12)
メンバー:skialpinist氏、mafia氏、SHOさん

3/12(日)
2:50 鹿島-9:50 爺ヶ岳-12:30 滑降開始-13:30 登り返し地点-16:00 車道

なるべく早い時間に滑降したいので、早起きして3時前に鹿島の集落を出発。爺ヶ岳東尾根は最初に急登があるのでそこは板を担ぎ、主尾根に乗ったところで板を履く。
ハイシーズンなのでトレースはばっちりだが、当然スキーのトレースはない。
後立の稜線のすぐ上には巨大な満月が煌々と輝いており、闇夜でも明るい。


f:id:PerseidCross:20170312060035j:plain


ジャンクションピークの手前の急登でまた少しだけ担ぎ。ここで日の出を迎える。P3付近からは所々テントが張られており、続々とアタックに向かう登山者が出発している。
イグルーや雪洞などもあり、非常に賑やか。爺ヶ岳の山肌がモルゲンロートに染まっていく。

午前中は高曇りで幸いにも気温は上がらないが少々寒い。すでに三月だが、平日に寒気が入ってまとまった降雪もあり、雰囲気的にはまだ厳冬期。
P2手前の急登からは板を担ぎ、P1から先の滑走路の様な緩い尾根も、切り替えの手間を惜しんで全て担いだ。


f:id:PerseidCross:20170312091514j:plain


約7時間で爺ヶ岳南峰に到着。今シーズン後立の稜線は三回目だが、いつ来ても立山連峰の景色が素晴らしい。
ちなみに爺ヶ岳はほとんど山スキーで滑られることはなく、主峰イーストフェイス~小冷沢はskialpinist氏が2009年に冬期初滑降されたとのこと。
赤岩尾根の南にある西沢は比較的滑られることもあるが、爺ヶ岳北峰側からの滑降でないと爺ヶ岳から滑ったとは言いづらい。
今回は北峰付近まで往復して都度ロープを出しながら斜面の調査をしていたので、稜線付近に2時間半も滞在することとなった。


f:id:PerseidCross:20170312111914j:plain


雪庇を崩して斜面に入り、新雪の接合を確認した結果、ドロップ決定。まずはskialpinist氏から滑り始めるが、ここは雪崩が発生すると小冷沢下部まで一気に巻き込まれる様な地形で、途中にまともなリグループポイントもない。正直四人で充分なリスクマネジメントをしながら滑れる様なラインではないが、とにかく全員がなるべく止まらずにひたすら滑る。


f:id:PerseidCross:20170312124107j:plain


自分は三番目にドロップ。このイーストフェイスは爺ヶ岳東尾根を登る際に終始目に入る斜面で、一見まともに滑れるのかという印象だが、斜面上部に立つとなるほどという感じ。やや固いところもあるが、思った以上にパウが残っており、緊張する最初の滑りとしてはありがたい。
フェイスが終わるあたりからスキーヤーズ右に入り、中間部は泡雪崩で削られたワイドなルンゼを滑降する。ここは稜線からは窺い知れない領域だが、周囲を急峻な岩峰に囲まれ中々アルパインチックな雰囲気。ここは一番パウダーが溜まっており、セミファットで下手に攻めると埋まるほど。前後のメンバーを目視で確認し次第、どんどん滑っていく。


f:id:PerseidCross:20170312131725j:plain


skialpinist氏と山に行くとよくスティープ滑降は一気に滑れることが重要だと言われるが、今年のエキスパートキャンプでISAMUさんに習った滑りがまさにそれを体現するような滑り方で、さっそく実践で大活躍することとなった。
斜度が落ちる後半も以前後方からの雪崩リスクがあるのでノンストップで滑り続ける。思った以上に広い沢筋でそこにも延々とパウダーが続いており感動の一言。結果的に標高差1400mのパウダーを満喫。周囲雪崩音ゼロ、デブリ無しの最高の条件。爺ヶ岳にこんなところ素晴らしいところがあるとは!


f:id:PerseidCross:20170312132025j:plain


ラストはカモシカにも遭遇。パウダーなので逃げ足が遅く、スキーであっと言う間に追い抜く。驚いた顔でこちらを凝視する様がかわいい。

小冷沢は大谷原まで続いているが、最後は堰堤が続いており危険かつ面倒なので、途中で丸山の南にある標高1420mのコルに登り返す。あまりよい登路はないので慎重に。コルからは東側の斜面を落とすことになるが、沢に入るとはまるそうなので、標高1451mポコの東側の尾根に入る。
上部は比較的広い尾根なので快適に滑るが、下部は尾根が狭くなるので北側の沢に落とす。これで終わりかと思いきや、あと少しのところで一つだけ露出した滝に阻まれシールで登り返し。やはり標高の低いところでは安易に沢に入らない様にしなければいけない。16時に車道に到着。

ちなみに今シーズンは12月にも爺ヶ岳東尾根に行っており、その際に爺ヶ岳を滑りたいという話をしていたが、ありがたい事にすぐにその機会が訪れることとなった。今回のメンバーは自分以外、翌週にも西沢奥壁も滑られており、爺ヶ岳が熱いラストパウダーシーズンとなった。

谷川岳~赤谷川~万太郎山

ルート:谷川岳~赤谷川~万太郎山(2017/3/4-5)
メンバー:Minapoさん


3/4(土)
12:00 天神平-14:30 肩ノ小屋 ⇔ 一ノ倉岳手前


早朝東京発、18切符でのんびりと土合へ。486段の階段を駆け上がってバスに乗ろうと思ったら、無常にも目の前を通り過ぎていったので、歩いてロープウェイ乗り場へ。気温が高く、この時点ですでに汗が噴き出る。天神平では天神バンクドスラロームというスノーボードの大会が開催されており賑やか。いつも登っているラインがロープで押しやられていて取付けないので少々手間取る。


f:id:PerseidCross:20170304123647j:plain


西黒沢もハイシーズンだけあってトレースでギタギタ。ゆるゆると登り、肩ノ小屋に荷物をデポして、一ノ倉岳付近まで散歩する。


f:id:PerseidCross:20170304155204j:plain


マチガ沢本谷は三浦さん達が朝にドロップしたトレースが鮮明に刻まれていた。夜は再び肩ノ小屋に戻り就寝。


3/5(日)
6:00 肩ノ小屋-7:15 オジカ沢の頭-赤谷川-9:00 登り返し-10:50 万太郎山 11:20-14:30 毛渡橋-15:00 土樽


トマの耳で朝焼けを拝み、小屋を出発。モルゲンロートに染まる国境稜線の縦走は本当に気持ちが良い。頑張ればシールでも進めそうだが、早朝はまだ斜面が固いので板を担いで進む。


f:id:PerseidCross:20170305061834j:plain


f:id:PerseidCross:20170305063425j:plain


オジカ沢の頭では眼下に雲海が広がる。まだ太陽が低いので雲海をスクリーンにブロッケン現象も拝むことができた。これから進む赤谷川も雲海に覆われているが、山頂でゆっくりしている間に徐々に雲が消え、滑り始める頃には視界もバッチリ。ただし、赤谷川は源頭から西向きに伸びているので、朝方はあまり日が当たらない。


f:id:PerseidCross:20170305071530j:plain


f:id:PerseidCross:20170305071628j:plain


赤谷川の滑りだしはカリカリ、シュカブラもあり、あまり快適には滑れない。やや緊張するトラバースを経て、沢底に降り立つ。


f:id:PerseidCross:20170305074614j:plain


f:id:PerseidCross:20170305074805j:plain


ここからは緩い斜面をだらだら滑るだけだが、半年前に遡行した赤谷川の源頭を冬にスキーで滑るというシチュエーションは中々素晴らしい。


f:id:PerseidCross:20170305082023j:plain


f:id:PerseidCross:20170305082521j:plain


前回沢登りで幕営した沢が大きく屈曲する付近で、万太郎山の南東斜面に取りつく。下部の標高差200mは沢を詰め、残りの300mは笹薮とハイマツの樹氷で歩きづらい尾根を登る。振り返れば赤谷川の全景が拝め、絶景の一言。

この時期、ドウドウセンや裏越ノセンはどうなっているのだろうかと想像しながら、行動食のブロックベーコンを頬張る。


f:id:PerseidCross:20170305091051j:plain


f:id:PerseidCross:20170305105012j:plain


万太郎山の山頂では相変わらず絶景が広がっているが、少し休憩するとガスが湧いてきて一時的に稜線直下の視界がなくなる。とても滑れる状況じゃないので、稜線直下は板を担いで下る。


f:id:PerseidCross:20170305112353j:plain


f:id:PerseidCross:20170305105050j:plain


f:id:PerseidCross:20170305112555j:plain


何も考えないと万太郎山の北西に延びる尾根を辿ってしまうが、これだと右手の沢に入ってしまい、狭い沢筋を滑ることになる。ここは尾根に入らず、左手の西面斜面を下るのがおススメ。西面斜面は下部に台地状地形が広がるが、この上にオープンで最高に気持ち良い斜面が広がっており、仙ノ倉を眼前に一気に滑り切るのがこの万太郎越えのハイライト。


f:id:PerseidCross:20170305120733j:plain


f:id:PerseidCross:20170305121814j:plain


台地状地形から毛渡沢までもまだまだ滑りが楽しめるが、さすがにそろそろストップスノー化してくる。アンモナイトが転がり始める中、ふと目を凝らせばウサギやカモシカが駆けめぐる姿も目に入る。


f:id:PerseidCross:20170305122750j:plain


f:id:PerseidCross:20170305131109j:plain


毛渡沢は沢割れに気をつかいながらの滑降で右に左に行ったり来たり。最後は先週日白山に行くために歩いた林道を再び辿るが、途中で案の定知り合いのパーティに遭遇。
何度か歩いているが、毛渡橋から土樽駅の車道も微妙に長くしんどい。土樽駅に到着したのが三時間に一本しかない電車がくる30分前でちょっと危なかった。
恵まれた天気の中、楽しいツアーを終えた充実感に浸りながら再び18切符で帰京した。