読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

富士山納会

ski

ルート:富士山 小御岳流し(2016/5/21)


毎年恒例の富士山納会。今年の参加者は計13名で、強力な山スキーヤーの皆様に囲まれ、刺激的な一日でした。


f:id:PerseidCross:20160521072336j:plain


当日朝に都内のメンバーをピックアップしながら来たので、遅めの到着。
他のメンバーは既に出発済みだが、あまり早く行っても高山病になるので、五合目でゆっくり過ごして8時頃に出発。


f:id:PerseidCross:20160521100646j:plain


やはり雪は少なく、八合目まで運動靴で問題なし。
ここから先も登山道沿いを辿れば運動靴で行けそうな勢いだったが、せっかくなのでアイゼンを履いて登山道左手の斜面を登っていく。


f:id:PerseidCross:20160521105157j:plain


Skialpnist氏のハイクアップのスピードはさすがで最後まで追い抜けなかったが、3時間半は切れていたと思うのでボチボチか。


f:id:PerseidCross:20160521124906j:plain


全員合流した後は、小御岳流しへ。雪面にタケノコの様な棘がたくさん立っており、ガタガタして滑りにくい。
身体がふっとびそうなのでスピードを抑えて滑っていたが、Tomahawk氏はメンツル斜面を滑るかの様にぶっ飛ばしていた。


f:id:PerseidCross:20160521130019j:plain


途中でたまにガスに巻かれたりしながらも、ワイワイ言いながら楽しく滑る。


f:id:PerseidCross:20160521130846j:plain


一ヶ所、トップでぶっ飛ばしながら滑っていたら、近づかないと分からないクラックに引っかかりそうになる。危険なので後続にアラートを上げていたが、Skiaplinist氏は何事もなかったようにそこをジャンプして先の斜面に消えて行った。


f:id:PerseidCross:20160521131031j:plain


最終的に標高2800m付近で行動終了。例年はこの下部にもう少し滑れる斜面があるのだが、今年は完全に消えてしまっている。

滑りは厳しかったですが、魅力的な山スキーヤーの皆様とご一緒できて、素晴らしい一日でした!


f:id:PerseidCross:20160521133344j:plain

 

運動靴に履き替えてザレ場を延々と下って行くが、小石が足の中に入って痛い。五合目ではたくさんの外人観光客で大賑わいでした。

 

f:id:PerseidCross:20160521135739j:plain


下山後は、さらにメンバーが増えて、今シーズンの報告会。
今年はまったりツアーばかりで報告することがなかったが、本気で活動に打ち込んでいる方々の報告は強烈でとても刺激になりました。

本気度が本人の成長や成果に繋がるのはどの活動でもそうですが、山は突き抜けて行くほど事故リスクとギリギリのところで向き合わなければいけなくなるので、その辺の折り合いを付けるのも難しいところだと感じます。

さらに仕事や育児など、下界の様々な事情とバランスを取りながら活動を続けている方もいらっしゃるので、色々な面で学ぶべき点が多いです。


ちなみにSkiaplinist氏は残雪期からヘッドカムでの撮影を始めたとのことで、動画による報告が多かったですが、これが中々面白い映像なので、今後の報告会はまた面白くなるのではと思います。


なお、翌日は何故か沢で泳ぎ、Ride&Swimな週末でした。


f:id:PerseidCross:20160522122040j:plain