読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

黒部川スキー横断 part.3

ルート:北アルプス 扇沢~針ノ木峠~針ノ木谷~黒部川渡渉~中ノ谷~ザラ峠~湯川谷~立山駅(2015/3/28-29)
メンバー:ハッチ

3/28(土)
5:50 日向山ゲート-7:00 扇沢-10:50 針ノ木峠-13:20 黒部川渡渉 15:00-16:50 中ノ谷1900mC1


ムーンライトで5:11信濃大町着、そこからタクシーで日向山ゲートへ。
(タクシー代:4000円)

ここから扇沢まで約一時間の林道歩き。扇沢でスキーに履き替え、針ノ木雪渓を詰める。上部には数時間前に出発したY田パーティの姿が見える。


f:id:PerseidCross:20150328083155j:plain


二年前のこの時期に登った時は巨大なデブリがあったが、今回はまっさらな斜面。
先週は降雨による縦溝がひどかったらしいが、今週はその後の降雪でリセットされており快適な登行で針ノ木峠へ。
微風快晴で、眼前には北鎌尾根、その奥には富士山の姿もはっきりと見える。


f:id:PerseidCross:20150328095259j:plain

f:id:PerseidCross:20150328111330j:plain


針ノ木峠からは気持ちの良さそうなトレースが二本先行。我々もそれに続くべしと滑り込むが、板が若干引っかかる。こういう時でも快適に滑れる脚力と技量が欲しい。


f:id:PerseidCross:20150328111749j:plain

f:id:PerseidCross:20150328112142j:plain

f:id:PerseidCross:20150328113225j:plain

f:id:PerseidCross:20150328113252j:plain


針ノ木谷は本谷合流手前の谷が狭くなった辺りで何度か雪が切れるので、板を外して歩く。本谷に入ってからは上手く雪が繋がっており、一度だけの渡渉で済んだ。


f:id:PerseidCross:20150328114324j:plain

f:id:PerseidCross:20150328125034j:plain

f:id:PerseidCross:20150328125923j:plain


黒部川には13時過ぎに到着。先週は増水で渡渉できなかったとのことだが、今回は渡れそうな水量。
流れの緩い場所まで移動して、二回の徒渉で平ノ小屋付近へ上陸。
ビニールが薄くて若干浸水してしまったので、濡れをケアしていたら早くも15時…。明日は天気が悪そうなので先を急ぐ。

 

f:id:PerseidCross:20150328131922j:plain

f:id:PerseidCross:20150328140447j:plain


中ノ谷へは尾根の末端付近を乗っ越して入谷。
懸念の中ノ谷ゴルジュは完全に埋まっており、そのまま快適に詰め上がれる。


f:id:PerseidCross:20150328144317j:plain

f:id:PerseidCross:20150328152059j:plain


中ノ谷は全体的に両斜面からの雪崩が不安なので、なかなか幕営適地がない。
日が暮れ始める頃、標高1900m付近に良さげな場所を見つけたので幕営。明日は早立ちすることにして就寝。


f:id:PerseidCross:20150328165240j:plain


3/29(日)
3:30 C1-4:50 ザラ峠-9:50 立山

2時起床、3時半出発。
意外とあっさりザラ峠に到着。富山市街の明かりが幻想的。

湯川谷の上部は若干ハイマツが出ていたのでシートラで下る。
すぐに雪の斜面となるが、暗闇でのスキー滑降は不安なので、しばしそのまま歩き下る。斜度が緩くなり、日も昇ってきたところで滑降開始。


f:id:PerseidCross:20150329052917j:plain


温泉の滝がある辺りから堰堤が登場、堰堤ダイブに気を付けながら慎重にルーファイ。なんとか雪も繋がっており、ほとんど板を外さずに下ることができた。


f:id:PerseidCross:20150329064143j:plain

f:id:PerseidCross:20150329070729j:plain


ザラ峠から5時間で立山駅到着、と同時に雨が降り始める。ギリギリ逃げ切り成功!

黒部横断と言っても、オプションも付けない定番ルートのトレースだが、運動不足の現状には調度良い。(M氏曰く、黒部横断フィットネス)
これで一応、三年連続黒部スキー横断達成ということで。

来月で移転するぼてやんで打ち上げをして、北陸新幹線で快適に帰京。

ちなみに先行していた同山岳会の他二パーティも、それぞれ別のルートから黒部スキー横断を成功させており、四パーティが渡った二年前を思い出させる盛況ぶりであった。


2013年 黒部湖スキー横断(一回目)

2014年 黒部源流部スキー横断(二回目)