読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

GW後半 黒部源流部スキー横断

ski

ルート:北アルプス 飛越トンネル〜北ノ俣岳〜黒部源流〜祖父岳〜水晶小屋〜湯俣〜高瀬ダム

メンバー:ハッチ、みなぽ

 

5/3(土)

6:00駐車地点−6:45飛越トンネル−14:30北ノ俣岳手前ピークC1

 

前夜22時に都内を出発するが、いきなり中央道の20km渋滞で出鼻を挫かれる。やむを得ず上信越道方面へ進むが、最初のロスが効いて、飛越トンネル前の駐車地点に到着したのは翌朝の5時…。睡眠なしで即出発。

 

f:id:PerseidCross:20140503075017j:plain

 

飛越トンネルの尾根の取り付きだけ板を担ぎ、すぐにシール歩行…と思いきや、みなぽさんが眠さに耐えきれずいきなりダウン。このGWの休みを確保する為に、連日休みなしで働いていたそうなので、その疲れも溜まっているのだろう。しばし仮眠タイムを取ってから再スタート。

だが、少し目を離すとまたバタリと倒れ込んでその場でうつ伏せになる始末。久しぶりの北アルプスに感極まって五体投地をキメているのかもしれない

 

f:id:PerseidCross:20140503110646j:plain

 

北ノ俣の登りの途中で徐々にガスが発生し、小雨も降り始める。山での濡れは低体温症に繋がるので、できれば早めに避難したいところ。北ノ俣岳手前のピークに到着するとテントが二張あったので、我々もそこに逃げ込む様に幕営

濡れた衣類を乾かしながら夕食を摂っていると、いつのまにかガスも取れ、黒部源流の山々がその神々しい姿を表す。なんという感動的なご対面。しばしの間、撮影タイム。

まったりと極上の夕焼けを眺めていたが、日の入りは19時ぐらいだったので、テントを撤収してもう少し先に進んでもよかったかも。

 

5/4(日)

5:00 C1−6:00ウマ沢DP−7:00黒部源流−8:30祖父沢出合−12:00祖父岳−14:10水晶小屋−16:20五郎池C2

 

三時起床。皆あまり寝られなかった様だが、明日の天気は絶望的で、今回のルートを達成する為には今日の内にどれだけ先に進めるかが勝負になる。

駄目なら新穂高にエスケープだが、今回の計画は北アルプスを横断する点にこだわりを持っているので、できれば頑張って抜けたいところ。

 

f:id:PerseidCross:20140504045912j:plain

 

五時に出発し、すぐに北ノ俣岳山頂。ここから滑降を始め、中俣乗越まで一気にトラバース。朝焼けに染まる北アの山々は最高に美しい。

 

f:id:PerseidCross:20140504052457j:plain

 

すこし登り返して黒部五郎の手前から滑降準備。本当は黒部五郎のカールを滑りたかったが、今回はあまり時間をかける訳には行かなかったので、登り返しの時間を惜しんでウマ沢から黒部源流に滑り込む。

 

f:id:PerseidCross:20140504060943j:plain

 

早朝の滑降でかなり斜面はカタかったが、すぐに斜度が落ちハーフパイプ状の地形になる。下部は消化試合なので、なるべく上流に行く為に、スキーヤーズライトへトラバース。

 

f:id:PerseidCross:20140504061102j:plain

 

黒部源流はしっかりと水流が流れており、始めは側壁斜面をトラバース気味に進むが、途中から沢沿いの雪面に降りて進めるようになる。一ヶ所ガケになっていたので、高巻きの要領でパスして、再び沢沿いを進む。

ポカポカした日差しの元、まるで沢登りの様な癒し系の山旅を楽しむ。

 

f:id:PerseidCross:20140504082036j:plain

 

スノーブリッジを利用して黒部源流を渡り、ここから祖父沢沿いに雲ノ平へ向かって標高を上げて行く。

祖父沢は心配していた沢のワレもなく、快適に標高を上げられる。雲ノ平の脇を通過してからは沢状地形から離れ、今度は祖父岳へ向かって、カリカリのオープンバーンをクトーを効かせながら登る。左手には凛々しい水晶岳の姿も登場。今日はみなぽさんの体調も良く、油断をしているとショートカットされて先を歩かれてしまう。

祖父岳手前でアイゼンに履き替え、正午ジャストにやたらとケルンが多いピークに到着。この辺から曇りベースとなり、気持ち的にやや焦りが出てくる。

 

f:id:PerseidCross:20140504124609j:plain

 

岩苔乗越を越えて稜線に出ると、ようやく黒部源流を横断した実感が湧いてくる。対岸には今朝いた北ノ俣岳が随分遠くに見える。

ここから水晶小屋までの稜線歩きは岩も結構でているので、ずっとスキーを担いで進む。八時間行動を過ぎた頃から徐々にメンバーに疲れの顔が見え始めるが、ここは頑張って水晶を越えておきたいところ。

 

f:id:PerseidCross:20140504140321j:plain

 

水晶小屋で天気予報を確認すると、やはり明日の天気は壊滅的。本当は水晶岳を踏んでから水晶東面を優雅に滑りたかったが、悪天時の稜線は風雪の威力は勿論のこと、ガスによりパーティの行動が大幅に制限されてしまうので、早めに標高を下げておきたい。

水晶小屋から見る真砂方面の稜線は細く切れていて、通過に時間がかかりそう。ここはやはり東沢谷をトラバース気味に滑るのが最適解か。早速スキーを履いて、小屋下から滑り始める。

 

f:id:PerseidCross:20140504144233j:plain

 

東沢谷の源頭はあまり緩んでおらず、一部緊張するポイントもある。少し標高を下げた後、一気に五郎カール目指してトラバース滑降。とは言え、一部ハイマツ帯が上下に長く伸びており、すんなりとは進ませてくれない。

途中で面倒になってそのままハイマツ帯に突っ込んでみたら、意外と簡単にスキーで歩けたので、標高をあまり下げずに五郎カール末端まで到達することができた。ただし高度感のある急斜面を横切るのはあまり快適とは言い難いので、余裕があれば一旦東沢谷沿いに滑り降りて、五郎カールの下部から沢沿いに登り返した方がスマートではある。

 

f:id:PerseidCross:20140504161036j:plain

 

五郎カールは雰囲気のあるステキな圏谷で、振り返れば水晶東面~赤牛岳の極上の山肌が広がる。この先の幕営適地まではしばらくかかりそうだったので、本日はここで行動終了とし、五郎池の脇にテントを張る。計約12時間弱の長丁場であった。

夕食はラードたっぷりペミカンカレーで、膨大な量のカロリーを摂取して就寝。

 

5/5(月)

6:00 C2−7:30五郎沢DP−8:15五郎沢2050m付近−10:15湯俣岳−13:10湯俣 C3

 

朝起きるとやはり予報通りの悪天。雪も少々降っているが、視界はまだ大丈夫だったので、午後の寒冷前線通過までに湯俣へ降りられる様、気合いを入れて行動開始。

五郎カールへの300mアップは斜面がカタくて少し大変だったが、雷鳥に励まされながら進む。

真砂沢〜野口五郎間の稜線は超強風で一刻も早く標高を下げたいところ。携帯のGPSでドロップポイントを入念に確認し、ガスが薄くなったタイミングで五郎沢に滑り込む。

 

f:id:PerseidCross:20140505074244j:plain

 

稜線直下こそ緊張したものの、後は斜度もそれほどでなく、雪も比較的緩んでいて楽しい面ツル斜面の滑降。下部はデブリが増えてきたが、心配していた沢ワレもなく、無事に標高2050mの湯俣岳登り返しポイントの尾根に到着。この下でちょうど沢が割れており、ギリギリセーフ。

 

f:id:PerseidCross:20140505081221j:plain

 

二時間程度の登り返しで湯俣岳のピークに到着。ここから登山道沿いの下山となり、上部の薮が濃い地点は板を背負って降りるが、途中の緩斜面帯はスキーで快適に滑る事ができる。

 

f:id:PerseidCross:20140505113327j:plain

 

標高1900m付近で雪が切れるので、ここから再び板を担いで下山。徐々に雨も強まってくるが、ここまでくれば湯俣まであと一息。

 

f:id:PerseidCross:20140505124835j:plain

 

湯俣周辺は独特の景観で秘境感が強い。13時過ぎに晴嵐荘に到着し、ようやく濡れから解放される。この日の悪天により、全国的に登山者の遭難が多発していた様だ。

夜になって雨脚も落ち着いてきたので、お楽しみの露天温泉風呂に浸かりに行き、じっくりと横断成功の喜びに浸った。

 

5/6(火)

8:30 C3−11:30高瀬ダム

 

朝靄の中、五時から一時間半もの間、露天温泉に浸かるという贅沢。この日は帰るだけだが、異常に天気が良くてなんだか勿体ない感じ。

高瀬川沿いの道は始めて来たが、中々風光明媚な道。昔は北アへの入山路としてよく使われていた様だが、最近ではめっきりマイナーな印象。

 

f:id:PerseidCross:20140506090930j:plain

 

後半は舗装路の歩きとなり、湯俣から三時間で高瀬ダムに到着。公衆電話でタクシーを呼び、葛温泉へ向かう。

 

f:id:PerseidCross:20140506113115j:plain

 

温泉付近は桜が満開で、雪山をバックに桜吹雪が舞い散る様は、なんとも趣深い。宿の雰囲気も中々良かったが、肝心の温泉は熱過ぎて全く浸かれなかった…。

その後は再びタクシーに乗り、信濃大町から電車で松本へ。

駅前の焼き肉屋で打ち上げをして解散した。