読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

GW前半 涸沢岳西尾根

climb

ルート:涸沢岳西尾根~奥穂高岳(2014/04/27-28)
メンバー:KMさん、MTさん


4/27(土)
8:00 新穂高温泉-9:40 白出沢出合-15:30 蒲田富士山頂(幕営

前夜発で新穂高温泉へ。開所したばかりの真新しい穂高センターで水を汲み出発。

白出沢から涸沢岳西尾根の末端に取りつく。本日は標高差にして約1200mアップの予定。グサグサ雪に足を取られながら、無心で標高を上げる。
今回の様な濡れやすい環境では、テムレスが大活躍。手蒸れがレスなので不快感もない。今回は終始これで行動した。

 

f:id:PerseidCross:20140429021251j:plain


単独行の方が幕営している横を通り、森林限界を超えると蒲田富士の姿。休憩していると上空をラジコン飛行機が周回して行ったが、どこから操作しているのだろうか。

 

f:id:PerseidCross:20140426151844j:plain


岩場の混じる雪壁のトラバースと急登を緊張しながら登ると、やがて蒲田富士山頂の細長い稜線に飛び出す。本日はここで幕営。眼前には穂高西面の岩峰、振り返ると笠ヶ岳の素晴らしいマウンテンビュー。テントの外でワインを飲みながら上質なひとときを過ごす。
日中は無風だったが、日が暮れるとやまおろしの風が強く吹き付ける。明日のアタックに向け、早めの就寝。



4/28(日)
4:50 幕場-6:40 涸沢岳山頂-8:10 奥穂高岳山頂-9:10 穂高岳山荘-11:00 幕場撤収11:30-13:40 白出沢出合-15:00 新穂高温泉

3:30起床。各人で朝食を摂り、日の出に合わせて4:50に出発。

いきなり嫌らしいトラバースからのスタート。F沢コルの先の岩稜は、右側のルンゼを登る。フリーでも行けなくはなさそうだが、朝一でカリカリなので念の為ロープ。T橋さんが一ピッチ引いて稜線へ。周りでは少し斑の付いたライチョウが岩陰を走り回っている。

 

f:id:PerseidCross:20140429021328j:plain


ここからは一時的に簡単になるが、標高が上がるに連れてナイフリッジ気味になり再び緊張感が増す。左手には滝谷が威圧的に聳え立っており、アルパイン気分を盛り上げてくれる。

 

f:id:PerseidCross:20140427063258j:plain


ロープも出しつつで、蒲田富士から二時間弱で涸沢岳に到着。快晴無風のこれ以上はないというぐらいの好条件。これなら奥穂高岳山頂への往復も問題なさそうだ。

 

f:id:PerseidCross:20140427081811j:plain


穂高岳山荘横のハシゴから上はかなり斜度があるので、念の為ロープを出して登る。そこからはアイゼンを効かしながらの稜線漫歩。8時過ぎには奥穂山頂の祠に到着。

 

f:id:PerseidCross:20140427082154j:plain

 

槍、明神、ジャンダルムとお馴染みの景色。眼下には奥穂高岳直登ルンゼが誘惑するかの様に広がっている。

 

f:id:PerseidCross:20140427081111j:plain


先に山頂にいたボーダーの方に集合写真を撮ってもらって下山開始。ハシゴ上の雪壁は懸垂下降で降りる。この時間帯になると涸沢からの登山客も一気に増えてくるが、たまに怪しい装備で登ってくる人もいて見ていてドキドキする。

 

f:id:PerseidCross:20140427084722j:plain

涸沢岳西尾根の下りは、雪も緩んできてそこまで緊張せずに下れた。行きでロープを出した雪壁もクライムダウンで問題なし。11:00に蒲田富士山頂のベースに戻り撤収。

 

f:id:PerseidCross:20140427094229j:plain


ここからはひたすら無心で下るのみ。登りの時以上に緩んだグサグサ雪に足を取られながら、約二時間で白出沢出合に到着。達成感に浸りながら、新穂高までの林道を足早に下った。