読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

秋冷のオツルミズ

sawa

ルート:越後 水無川オツルミズ沢
メンバー:DSさん、ハッチ


10/19(土)

5:40駐車場-6:20カグラ7:00-9:30サナギ滝11:30-12:50大滝13:35-17:05駒の小屋

 

5:00起床で出発準備。日曜の天気は相変わらず雨。オツルミズは通常二泊三日で、早いパーティでも沢中泊の二日である。ただ、悪天時は増水が激しく、基本的に入渓はやめた方がいいとのこと。しかし今回は足並みの揃ったパーティなので、なんとか初日で源頭まで抜けられるだろうと踏んで出発。

まずは水無川沿いに林道を歩いてオツルミズ出合に到着。入渓地点の滝は意外と難しいらしいので、時間がなく遡行スタイルを気にしてられない我々は、右の巻き道から登り始める。巻き道は途中で沢に向かって下りトラバースになるが、ここをスルーして上に登って迷う人が多い様なので注意。露岩帯を鎖を掴みながら越えると、カグラ滝2段80mの途中に飛び出す。

 

f:id:PerseidCross:20131019061833j:plain

 

カグラ滝は右壁をロープで1P。早速リードをさせてもらうが、スタンスも適度にあり快適。朝一の眠気覚ましに調度良い感じ。

ここから少し進むと。崩壊した雪渓がある地点で沢は左へ直角に折れ、多段滝のゴルジュ帯となる。ここを突破した記録もあるが、ちょっと粘りが必要そうなので、今回はセオリー通り右岸から巻く。

右岸巻きは面倒な藪漕ぎなので、50mロープ2本も持っているということで、早々に50m懸垂で沢床に降りる。降りた場所は下部ゴルジュの中間辺り。25m4段滝は最後を軽く左岸から巻き、残る小滝はフリーで水線沿いに楽しく登る。

 

f:id:PerseidCross:20131019085300j:plain

 

やがて上部に威圧感のあるサナギ滝の連漠帯が現れる。まずは手前の30mナメ滝を、左壁から快適に登る。

ドーム状にハングしたサナギ滝手前で休憩。大滝登攀はお盆に登った奥利根のマボロシの大滝以来か。

 

f:id:PerseidCross:20131019091946j:plain

 

サナギ滝一段目は右岸の踏み跡から登り、すぐに水線脇へトラバース。ホールドもしっかりしており、楽しく登れる。ワンポイント少しかぶり気味だったので、念の為空身ロープで登って荷物を引き上げる。

 

f:id:PerseidCross:20131019092822j:plain

 

そのままフリーでどんどん登っていくと、上部で岩壁に行きあたる。ここは水流に向かって射上するのが簡単な様だが、所見だと見出すのが難しい。我々は岩壁にぶら下がった残置ピンにつられて、岩壁を左の草付きラインで1Pロープを出して直上したが、結構辛い登りで時間がかかった。こちらのルートはそのまま直上するとサナギ滝の落ち口よりも上に出るので、最後は懸垂下降で下りる。

 

f:id:PerseidCross:20131024115637j:plain

 

サナギ滝の落ち口からは六日町方面の街並みが遠望できるので、上越線からもサナギ滝の落ち口は見えるのであろう。

サナギ滝上部からは多少泳ぎを交えながら、ゴルジュ帯へ突っ込む。あわよくばゴルジュ内に突っ込んでみたかったが、6m滝で水流の強さに断念し、右岸から小さく巻く。

その後も多少の巻きを交えながら、オツルミズ三つ目のハイライトである80m大滝に到着。大滝下は崩壊した雪渓で埋め尽くされている。始めに少々右壁に登りすぎたので、下段はロープを出してカムを決めながら下段落ち口へトラバース。

 

f:id:PerseidCross:20131019131230j:plain

 

上段は右壁に取りつくが、一見濡れているもののフリクションが効く為、気が付けばドンドン登ってしまう。結局すべてフリーで登ってしまったが、中間部がやや辛めだったので、安全を期してロープを出した方がよかったかもしれない。

 

f:id:PerseidCross:20131019132309j:plain

 

大滝上はオツルミズの中でも数少ない幕場適地だが、増水すると上部ゴルジュ帯の通過もままならなくなる可能性があるので、迷わず先に進む。ここからはナメ滝が連続するので、登れる滝は登り、難しそうな滝は小さく巻く。

やがて雪渓が現れるが、最初の雪渓はいかにも崩れそうな薄さだったので、雪渓左脇からパス。その後もしばらく雪渓が続くが、こちらはかなり安定していそうだったので、上を歩いて進む。最初は雪渓処理が難しいかもと危惧していたが、雪渓の乗り降りも簡単で、結果的には難しい滝を上手い感じにパスできて助けられる形となった。

 

f:id:PerseidCross:20131019150541j:plain

 

雪渓の落ち口からは上部ゴルジュ帯に入るが、直登できない滝はばっちり踏み跡がついており、サクサク進める。

右岸の群界尾根もどんどん近づき、フキギというピークの手前で沢は右に折れる。小滝をどんどん登っていくと25mナメ滝が現れ、ようやく癒し系の雰囲気となる。

 

f:id:PerseidCross:20131024120735j:plain

 

この辺で行動終了してもよかったが、まだ二時間ぐらいは動けるので、いっそのこと駒の小屋まで行くことにする。源頭部は直前の降雪も残っており、水流に手を突っ込むと寒くてかじかむ。

 

f:id:PerseidCross:20131019164714j:plain

 

17時頃に駒の小屋に到着。小屋前の広場からは、真っ赤に染まる落日が見え、ひんやりとした空気の中に佇む越後の山々を眺めていると、自ずと感傷的な気分に浸ってしまう。

 

f:id:PerseidCross:20131024120654j:plain

 

小屋は翌日が営業最終日らしい。今回は一年に一度あるかないかのシュラフ持参山行だったが、結局小屋泊となって意味がなかった。今期の小屋利用は7月の赤石沢後の百間洞山の家と、9月の穂高岳山荘に続き三度目。小雨の降る中、快適な夜を過ごす。

 

10/20(日)

6:30駒の小屋-6:40越後駒山頂-9:45駐車場

 

5:00起床。外に出ると思ったよりも小雨。夜半の雨で、昨日あった山肌の降雪は、大部分が消失している。10分の登りで、越後駒ピーク着。先週に引き続き、名渓からの百名山登頂。

ここからはグシガハナ経由で紅葉の登山道を下山する。眼下の中ノ岳北西面の真沢・北沢も、近いうちに行きたいルート。八海山を眼前に眺めながら、約三時間で下山。

 

f:id:PerseidCross:20131020071748j:plain

 

最後にオツルミズ出合を通過するが、わずかの雨でも結構な増水だったので、やはりこの沢は悪天時の入渓は控えた方が良いだろう。上部のカグラ滝も結構な瀑流となっていた。

駐車場では雨の中ウォーキング大会が行われているということで、地元のスタッフに何故か越後の水をいただく。その後、六日町の銭湯に入り、いつものIC前のラーメン屋で打ち上げして帰京した。

 

f:id:PerseidCross:20131020093345j:plain

 

オツルミズは登攀系の沢で有名だが、入渓者が多くて巻き道は比較的はっきりしているので、Ⅲ級をフリーで危なげなく登ることができれば、意外とすんなり行けてしまうかもしれない。会の大御所はデート沢と呼んでいたり、ほぼ全ての滝を直登して遡行していたりもするが、たまにルーファイでハマって大変な思いをしているパーティもあるので、沢の総合力に自信がなければ、あまり安易に入渓しない方が良いだろう。

今回はメンバーに恵まれ、シーズン終盤の良い山行となった。越後周辺の沢は気になっているルートがまだまだあるので、引き続き通っていきたい。

 

Hatch記録はコチラ