読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

日光白根 新人トレ

ルート:日光 外山沢川緑沢~緑沢右俣下降(2013/6/23)

 

6:00小田代ヶ原-外山沢川緑沢-11:35前白根山-外山沢下降-16:00小田代ヶ原

 

週末の仕事の予定がなくなったので、急遽新人さんの訓練に潜り込み。

土曜はB会の某会員さんのお宅に寄り道。一歳の赤ちゃんがとってもキュート。ちなみにこの一週間でも会内で新生児が二人誕生しており、ここ二~三年で二桁いくぐらいのハイペース。果たしてそこから何人の山屋が誕生するのだろうか。

その後は日光に移動して幕営。スーパームーン前日の満月と中禅寺湖が美しい。

 

翌朝、赤沼からバスに乗り、小田代ヶ原に移動する。登山道に入り、外山沢川沿いのけもの道を北上。緑沢の出合はやや分かりづらく、庵沢の大滝を確認してから、ようやく確信を持って入渓。

緑沢に入ると、やがて右壁からスダレ状の緑滝が入り込んでくるが、どうやらこちらが本流らしい。直登は厳しいので、左の支沢を登ってトラバース。

上部の20m滝は右壁から簡単に登れるが、万遍なく苔生しており、アクアステルスではやや怖い。念の為、ロープを出す。

 

f:id:PerseidCross:20130624105325j:plain

 

滝を登るとさわやかなナメ床が続き、ハイライトの2段40mのナメ滝が登場。傾斜は緩いが、相変わらず苔で滑りそうなので、ロープを出して登る。

 

f:id:PerseidCross:20130623091149j:plain

 

その後はやや単調だが、小ぶりながら雪渓もでてきたりする。小滝をいくつか登ると、やがてツメの様相。藪漕ぎゼロで登山道に飛び出す。

 

f:id:PerseidCross:20130624105159j:plain

 

ここから、前白根山ピークへ。円錐形の奥白根の溶岩ドームと五色沼が美しい。ついでに、御大により初滑降された北東ルンゼや東面クーロワールの様子もチェック。(記録

 

f:id:PerseidCross:20130623114336j:plain

 

下山は一度登山道を戻り、外山沢(緑沢右俣)を下降。この沢は、下部まで何もない単調な沢で、遡行図を付けるのは非常に楽。最後にようやく15m滝と30m滝が出てくるので、懸垂下降を交えながら下降する。

やがて緑沢の入渓点に戻り、外山沢川沿いを下って車道へ。新人向けに各種指導確認を行っていたので、なんだかんだで10時間行動となった。

帰り際、新人さんはどうしても宇都宮の餃子を食べたいとのことだったが、そこまで付き合える程ヒマな人がいるわけもなく、華麗にスルーして帰京。

そろそろ厳しめの沢に行きたいが、その前にまずは渡渉訓練。