読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

年末横尾尾根 敗退記

climb

必勝のつもりで横尾尾根に挑んだが、一泊二日であっさり下山。

NHKに出演したのが唯一の成果…。

 

12/28 (金)

中央道をひた走ると塩尻北から積雪通行止めの表示。諏訪サービスエリアでくるぶしぐらいの積雪があった。雪道を飛ばす地元ナンバーがいたのでさすがだなと思っていたら、その直後にガードレールにぶっささっていた。5時間ほどかかって2:00過ぎに道の駅に到着。

 

12/29(土)

8:00釜トンネル-14:00横尾-16:00横尾尾根1800m付近

 

沢渡に行く途中の道が除雪が間に合っておらず、スタック車続出中。沢渡からタクシーで釜トンネルへ。釜トン入り口でスタンばっている長野県警に、前日の積雪が40cmあるため三のガリーには入らないように言われる。それ以前に本当に行くの?という顔をされた…。

大正池付近でスタックしているNHK車のカメラマンに撮影される。

この映像はNHKニュースの「北アルプス 年末年始の入山ラッシュ」で使われており、顔の広いA山さんあたりは色々と反響があったようだ。

 

f:id:PerseidCross:20121229131351j:plain

 

明神で大きな雪崩の音を3回ほど聞いて、ガリー回避は当然と認識。明日午後以降が悪いため、今日も伸ばせるだけ伸ばして、明日も早起きということにして進む。

横尾尾根は最低コルからアプローチしたが、おおむね膝~腿ラッセル。数日前のトレースが本谷沿いにあったがほとんど埋まっていた。

16:00頃、樹林帯でテントを張る。ラジオで天気予報を聞いたが、あまり芳しくない。本日を除いて、年末年始は残り全て悪天。明日中に主稜線まで行かないと1/3に下山できるかわからないので、9:00までにP5到着を撤退期限と決める。

 

12/30(日)

2:10起床-4:10出発-5:45撤退-13:00釜トンネル

 

多少雪が落ち着いてくれればと思っていたが、相変わらずのラッセルが続き、1時間半かかってP1がやっと。

休憩中微妙な空気が流れたので相互確認を取ると、皆同じことを思っていた様だ。無念ながら撤退を決定。降りる途中、横尾避難小屋からの新しいトレースがあった。

そして下に降りると雨が降っていた…。びしょぬれになりながら、釜トンネルまで歩きとおし、不完全燃焼な山行を終えた。