読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

八ヶ岳東面 part2 県界尾根

12/15(土)

9:00 駐車場-13:45 2200(枝尾根上)BP

 

年末年始に向けたトレーニング第二弾ということで、赤岳東面のバリエーションへ。

初日は大門沢を辿って、ルートの基部に行くだけなので、ゆったりとしたスタート。

気温は先週の極寒とは正反対の暖かさで、まさかの雨。ウェアが濡れて、非常に質が悪い。薮とラッセルにも手こずり、早くも敗退ムードが漂う中、メンバーの体調不良で早々に幕営。夕食は餃子鍋。

 

12/16(日)

6:00 BP-8:30 大天狗-11:30 赤岳山頂-15:15 駐車場

 

二日目は快晴で、モルゲンロートに染まる赤岳東壁が神々しい。

 

f:id:PerseidCross:20121216065725j:plain

 

狙ったバリエーションルートは雪の付きが甘いので、やはり今回は県界尾根から赤岳登頂にとどめておく。

沢筋から大天狗下の登山道に出るまで二時間程度。登山道もトレースが無く、山頂に付くまで終始ワカンを履いて膝〜腰ラッセル。

 

f:id:PerseidCross:20121216100222j:plain

 

山頂直下はやや緊張する斜面だが、雪が深いので、アイゼンに履き替えることなく登頂。山頂に付いた途端、西面からの登山客で溢れ返る。休憩後、リーダーが山頂踏まずに下山しようとしたので、猛抗議してピークへ。まあ、赤岳山頂に未練があるうちは、まだまだぺーぺーということで…。

 

f:id:PerseidCross:20121216114043j:plain

 

下りは行きのトレースを使って、サクサク下山。休憩がてら後ろを振り返りながら、東面ルートの位置関係を頭に入れる。大門沢に出る直前で鹿の糞が敷き詰められた獣道に翻弄されて登山道をロストするが、強引に降りれば問題なし。

 

f:id:PerseidCross:20121216124110j:plain

 

初日はラッセルだった道も、雨で溶けて一変。先週と同じく、パノラマの湯で汗を流して帰京。