読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

井戸小屋沢 早駆け

10/7(日)

8:45土樽駅-9:30万太郎谷入渓-10:30井戸小屋沢出合-11:30二俣-12:40登山道-14:20土樽

 

土樽から40分ほど林道を歩き、吾策新道の登山口を少し過ぎた林道の終点にある大きな堰堤から入渓となる。河原歩き後、ほどなくナメになり、快適に進む。30分ほどすると巨大な通気口が見える。

ここから少し進むと早くも今日のハイライト、沖ドッキョウのトロに到着。簡単に巻くこともできるとのことだが、流れも緩くそのまま突っ込む。

 

f:id:PerseidCross:20130215200556j:plain

 

へつりと泳ぎで進むと3mくらいの滝に到着。遠くからは登れそうに見えたが、近づくとステミングでは取り付けそうに無く、滝の落ち口は流れが速い。

水しぶきで見えないところにも足場があるかもと探るが見つからず、結局滝の落ち口にある石までジャンプ。なんとか巻かずに突破できた。

この後すぐに出合に到着して、井戸小屋沢へ。井戸小屋沢は小ぶりの直登できる滝が連続して、飽きずに遡行できる。今回は日帰りということで、二俣を右俣方面へ。

 

f:id:PerseidCross:20130215200659j:plain

 

20m滝も右から簡単にフリーで登れ、続く小滝群も全てノーザイルで突破。最後のシャワークライムは冷たさが少し堪えた。その後はわずかな藪漕ぎで吾策新道に出る。

期待していた紅葉は残念ながらガスの中。時期的にも、今年はやや遅れ気味か。

ここから土樽駅まで、泥濘む坂道を滑り降りながら、一時間半ほどで下山。飛ばし気味だったので、参考にした記録のの2/5ぐらいのタイムで終了した。