読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪中松柏 愈青々

徒然なる山の備忘録 

遠見尾根~五龍岳&八方尾根

ルート:遠見尾根~五龍岳(2017/1/7)
4:20 駐車場-7:00 一ノ背髪-10:45 五龍山荘-12:30 五龍岳-16:20 駐車場


年始の飛騨沢に続き、再びロング日帰り山行。

今冬は赤岩尾根~鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳東尾根~爺ヶ岳中峰と、モルゲンロートを拝んで自パーティでフルラッセルしてピークに登頂というパターンが続いていたが、今回も同じ流れで五龍岳に登頂できたので、なかなか後立山と相性が良い。

ちなみに毎度ラッセル後のトレースを別パーティが辿ってくるが、一度もお礼を言われたことがないのはちょっと不思議。まあ、個人的にラッセルをしないと気分よく登頂できないという側面もあるので、ラッセルをさせてもらう権利を得たという意味ではありがたい。


f:id:PerseidCross:20170107070147j:plain

f:id:PerseidCross:20170107071022j:plain


白岳手前のカール状地形では二か所でピットチェック。事前にアルパインエリアでの不安定性に対する警告を得ていたが、懸念の1227MFcrと思われる層も40~50cm↓で他の層とほぼ馴染んでおりNoFailureだったので、そのまま最短ルートで進むこととする。

途中でウインドスラブに変わる可能性もあるので、ストックでのチェックは継続的に行いながら登る。


f:id:PerseidCross:20170107094211j:plain


五龍山荘からは板を担いで登るが、強風にあおられる。目当てのルートのチェックをしながら進むが、かなり雪が少ない。途中からルーファイが面倒になったので、正規のルートに戻って山頂を目指す。

今回は比較的雪が緩んでいたが、氷化が進んでいると滑落リスクも高いので、ロープ類やアイゼンの選択など、対策は万全を期したい。最近はアルミアイゼンが流行っている気がするが、斜面の条件が悪い場合や突然の破損リスクを考えると、こういうタイプのルートでは使いたくない。


f:id:PerseidCross:20170107113152j:plain


最低限の睡眠時間を確保する為にギリギリのタイミングでの出発となったが、引き返しリミットを13時に設定してなんとか12時半に登頂成功。

狙いのルートは雪の付きが甘く、これから別案でねばろうにもルート状況のチェックができていない。日帰りとしては有事の際にバッファを確保できない時間帯でもあるので、セオリー通り往路を戻る。


f:id:PerseidCross:20170107123058j:plain

f:id:PerseidCross:20170107134246j:plain


三連休の初日ということで、遠見尾根ではこれから登り始める登山者と多くすれ違う。それなりに楽しく滑れたが、気温が異常に高いので後半はパックパウダー。


噂によると、ゲレンデ終了後にスキー場を滑ろうとすると怒られてゴンドラで降ろされるらしいが、今回は余裕を持って営業時間内に帰ってこれた。折角なのでフォームチェックをしながら下る。

ジャスト12時間行動だったが、爺ヶ岳で吐きそうになりながら無心でラッセルした時と比べるとまあまあ楽な部類。勿論、メンバーに恵まれたからという部分も大きい。

夜はおおしも食堂で腹を満たした後、白馬の居酒屋で山談義。レジェンド級の山屋がお二人いるので、昔の貴重な話を伺うことができてエキサイティングなひと時だった。

 

翌日は午前中しかもたない予報だったので、参加メンバー一部変更で八方尾根の無名沢へ。入山者も多く、基本駄目なのはわかっていたが、思った以上にパウダーを拾えたので儲けもの。下は不安が多いので、八方尾根に登り返す

ちなみに久しぶりにお会いしたU氏は、最近書籍を出版されたり、クラウドファンディングでの研究にトライされたりと、アクティブに活動されていてとても刺激になった。渡米先でもぜひ頑張って欲しい。


f:id:PerseidCross:20170108121740j:plain


八方下部はあり得ない雪の少なさだが、今日の南岸低気圧が冬型にはまれば結構降ってくれるはず。サクッと切り上げて、高速でチェーン規制が掛かる前に都内へと戻った。

水無川北沢

ルート:水無川北沢(2016/10/15-16)
メンバー:ikeさん


先週水無川の日帰り沢を二本やったので、今週は満を持して北沢へ。本当はハッチも来る予定だったが仕事の都合で断念。シルバーウィークに八海山から中ノ岳までソロ縦走してこの辺の様子を偵察していたというikeさんと二人での山行となった。


f:id:PerseidCross:20161015114514j:plain


10/15(土)
5:40 駐車場-8:10 一つ目の高巻き 9:20-10:00 関門の滝-11:15 真沢出合二俣-12:30 北沢右俣出合二俣-14:40 河原C1


一週間ぶりの水無川流域。今週末は天気も良いという事で、他のサワヤの姿もちらほら。まずは一週間で三度目となるデトノアイソメまで、眠気覚ましのアプローチ。
滝沢出合を越えると暗峡となるが、左壁からの楽しいへつりで濡れずにパス。


f:id:PerseidCross:20161015073654j:plain


オカメノゾキ下部の荒々しい姿を楽しみながら進んでいくと、登れない滝のあるゴルジュに到着する。ここで単独の遡行者を追い抜き、左岸ルンゼからの高巻きに入る。


f:id:PerseidCross:20161015080323j:plain


例年はここに大きな雪渓がある様だが今年はさすがに消滅している。場合によっては水線沿いも進めるかと思っていたが、上から覗いてみると登れなさそうな滝が続いているので、セオリー通り御月沢をトラバースして大きく巻いていく。


f:id:PerseidCross:20161015083223j:plain


なんとなく薄いところをつないで進んでいくと降りやすそうな小沢にぶつかったので、そのまま沢底に向かって下降し、ゴルジュ帯最後の滝上を左岸の草付きからトラバースして落ち口に出れば高巻き終了。一時間ちょっとですっきりと巻けた。


f:id:PerseidCross:20161015092038j:plain


西沢出合を過ぎ、遠くに関門の滝が見えてくる辺りで、今度は前方のゴルジュを右岸巻き。こちらもなんとなく薄いところを繋いでいくと懸垂支点が設置された灌木にでるので、ロープ二本を連結して懸垂下降。全体的に踏み後明瞭でメジャー沢の雰囲気。


f:id:PerseidCross:20161015100250j:plain


そしていよいよ現れる関門の滝。簡単な登りだが、念の為1Pロープを出す。その上のくの字状滝は下部のスラブは容易。続く上部は左壁から1Pで落ち口へ。


f:id:PerseidCross:20161015100752j:plain

f:id:PerseidCross:20161015103338j:plain

f:id:PerseidCross:20161015104632j:plain


この後も釜を持った小滝が連続するので、フリクションを効かせながら進んで行くと、いよいよ二俣が見えてくる。ここでikeさんがへつりで滑ってドボンしてしまったので、着替えがてら大休止。


f:id:PerseidCross:20161015105640j:plain

f:id:PerseidCross:20161015112805j:plain

f:id:PerseidCross:20161015114023j:plain


二俣は右手に幣の滝150m、左手に120mナメ滝が広がり、今回のハイライトとも呼べる素晴らしい景色が広がる。


f:id:PerseidCross:20161015114155j:plain

f:id:PerseidCross:20161015115036j:plain

f:id:PerseidCross:20161015115631j:plain


北沢のナメ滝をフリクションを効かせながら登っていくが、連瀑はどこまでも続く。やがて直登できなくなる滝が出てくるので、左岸の藪を利用しつつ進んで行く。


f:id:PerseidCross:20161015115435j:plain

f:id:PerseidCross:20161015120257j:plain

f:id:PerseidCross:20161015121055j:plain


連瀑帯を過ぎると小ゴルジュが現れ、ここを楽しく突破するとやがて二俣に到着。ここは左俣に進路を取る。


f:id:PerseidCross:20161015123223j:plain


左俣は最初から連瀑帯なので右岸のリッジから取りつくが、何も考えずに登っているとそのまま大高巻きしそうなので、一度沢底に戻れないか探ってみるとなんとかクライムダウンで降りられそう。

連漠帯はしばらく続いており、上部に厳しそうな滝も見えているが、とりあえず近づいてみないと分からないということで、水線沿いに進むこととする。


f:id:PerseidCross:20161015130157j:plain

f:id:PerseidCross:20161015130201j:plain


ややバランシーな8m滝を一つ越えるとさらに厳しそうな10m滝が現れる。左岸巻きもできそうだったが、なんとか直登できそうだったので取付いてみる。最初がいきなり釜のへつりなのでビレイヤーが大分後方になってしまい具合がよくない。仕方がないので20mぐらい進んだところのテラスで一旦ピッチを切り、しっかり確保体制を作ったところで、核心のスラブに取りつく。

スタンスが細かく出だしが緊張したが、気合でなんとか突破してそのまま右壁を直登。通常は巻かれる連漠帯だが、いざ取付いてみると充実した滝登りが楽しめ、思いがけぬ拾いものをした気分。(但し、あまりにも必死だったので核心の滝は写真なし…)

その後も少しゴルジュが続くが、やがて河原状の地形が現れるのでここで幕営とする。夜はこの時期かなり冷え込むので、焚火を起こして暖まらないとつらい。


f:id:PerseidCross:20161016071357j:plain


10/16(日)
7:00 C1-8:25 奥の二俣-10:30 登山道-11:00 越後駒ヶ岳-14:00 駐車場

明け方は寒すぎるので中々シュラフから出られない。濡れた行動服を着るのを躊躇っていたら、出発が7時なってしまった。
開けた河原状を過ぎるとゴルジュ地形になる。最初の小滝はぬめっており、寒さで動かない身体では緊張させられる。


f:id:PerseidCross:20161016071913j:plain


その後の小滝もどんどん直登するが、同行者は濡れるのを嫌って左岸の草付きを巻いていたが、個人的にはこちらの方が高度感があって怖い。


f:id:PerseidCross:20161016072833j:plain

f:id:PerseidCross:20161016072836j:plain


両岸がどんどん聳え立ってくるが、この辺は例年雪渓が残っているらしい。今年は条件がよくここも雪渓皆無。通常は雪の下に埋まっている谷の全容が拝めるのは得した気分。


f:id:PerseidCross:20161016080632j:plain


ゴーロメインで特に難しい滝はないが、とにかく両岸の切れ込みがすさまじくて圧倒される。これらの景観は、悠久の時を経て雪に削られて作られてきたのだなと思うと感慨深い。ちなみにこのゴルジュは稜線からだと隠れて見えないので沢を遡行したものだけが見ることができる。

ちなみに真沢はスラブ滝がメインなのに対して、北沢はゴルジュが際立っており、その対比が面白い。北沢は上流部で水平方向に長く伸びているので、その地形の差が沢の形を特徴付けているのであろう。


f:id:PerseidCross:20161016080805j:plain


奥の二俣を越えるとやがて太陽が当たりだし、滝をいくつか越えると美しいナメが現れて癒しの源頭となる。


f:id:PerseidCross:20161016095057j:plain

f:id:PerseidCross:20161016100622j:plain


クボを進めばあまり藪漕ぎもなく、極楽尾根分岐近くの登山道に詰めあがる。
空身で越後駒にピストンしていると、オツルミズをのぼってきたわらじの御三方に出会う。山頂は大賑わいで、八海山や中ノ岳の展望が素晴らしい。今週の越後三山は大当たりだった様だが、そのド真ん中を遡行してきたというのは中々気分が良い。


f:id:PerseidCross:20161016110955j:plain

f:id:PerseidCross:20161016113354j:plain


紅葉と水無川エリアの景観を楽しみながら、二週間ぶりの極楽尾根を下山。泥状になっていなければ大分歩きやすい。(先週は十回ぐらい滑った)


f:id:PerseidCross:20161016120441j:plain


ちなみに下山後は二週続けて五十沢温泉へ。やけに自転車チームの車が多いなと思っていたら、どうやら東日本ロードクラシック南魚沼大会が開催されていた様で、トップ入賞のスペイン選手と期せずして相風呂となった。

ワンゲルの後輩もこのレースに参加していた様で、中々の成績を収めていたらしい。身内が頑張っているというのは励みになる。これからも頑張りたい。


デトノアイソメ周辺散策

10月の三連休は泊りの沢を予定していたが、全体的に天気が悪く沢中ができる状態ではなかったので、越後水無川の日帰り沢を二本実施。特に天気の悪い一日は周辺観光を楽しんで、天気が悪いなりに充実した三連休を過ごすことができた。


ルート:水無川デトノオオナデ沢(2016/10/8)
メンバー:ハッチ、MNPさん

6:30 駐車場-8:40 デトノオオナデ沢取付-12:00 鉱山道尾根-14:50 駐車場


しばらく林道を歩き、堰堤を越えた辺りから入渓。午前中は天気が持つかと思いきや、たまにポツポツと降ってくるので嫌な感じ。小一時間歩いて辿り着いたデトノアイソメは雪渓皆無。ここから右手の沢に少し入ると、デトノオオナデ沢の入渓点となる。

いきなり120m大滝が現れ、沢というより大滝登攀みたいな雰囲気だが、下部はそこまで難しくはなさそう。ただ、水無川流域は雨による出水が早く、すっきりしない天気をどう判断するかが難しい。
しばらくツェルトで雨をやり少し、少し雨が弱まったタイミングで、行けるとこまで行こうと出発する。


f:id:PerseidCross:20161008090433j:plain


大滝の下段はフリーで登り、途中から水線左側をロープを出しながら登る。
中段はあまりスタンスがよくなく、濡れた岩の登攀は緊張させられる。ここが核心部でハッチがリードで越えてくれた。ブッシュ帯で切った後の上段はロープを出すものの、そこまで難しくなく快適に滝の落ち口に抜ける。
せっかく大滝を登って気分も盛り上がってきたが、今度はガスが湧いてきて視界もなくなる。しばらく手頃なスラブ滝を登っていくが、天気が回復する見込みもなく、帰りの沢歩きの増水も心配なので適当なところで行動打ち切り。


f:id:PerseidCross:20161008104136j:plain


下山はデトノオオナデ沢上部を見上げて右手にある尾根を下降する。ここはガナヤマヅルネや鉱山道尾根と呼ばれており、過去に登山道が付けられていたライン。
どれだけ荒廃しているかと思いきや、藪をトラバースして取り付いてみるとかなり明瞭な道、というか立派な登山道。このルートは稜線直下が不明瞭で迷う人もいるみたいだが、中腹以降は問題なさそうだ。
悪天の為、水無川の深淵部は覗けなかったが、とりあえず前哨戦ということで一本やれてよかった。


f:id:PerseidCross:20161008122506j:plain


元々、二泊三日の計画だったので、日帰りに変更した際の泊りの場所が問題だったが、ラッキーなことにメンバーの知人の実家に泊めて頂けることになる。しかもそこが某流域の玄関口ということで、サワヤ的には大興奮。とれたての新米や地元の野菜まで御馳走になり、素晴らしいひと時をすごさせて頂いた。


翌日はさらに天気が悪いので、車で下界観光。
昨年の大地の芸術祭で行けなかった作品を見に行ったり、酒蔵巡りをしたりと充実の一日。ボルタンスキーは豊島や庭園美術館も見に行ったが、やはり最後の教室が際立っている。
夜はいつぞやの奥利根合宿の打ち上げで利用した五十沢温泉の旧館に泊まり、八海山の花火を見ながらのんびりと過ごす。


ルート:水無川滝沢(2016/10/10)
メンバー:ハッチ、MNPさん

6:00 駐車場-8:15 滝沢出合-10:50 並び滝-12:15 核心部連瀑帯入口-14:20 奥ノ二俣-15:20 極楽尾根-16:40 駐車場

三日目は天気がやや回復するので、デトノアイソメより少し進んで、グシガハナに突き上げる滝沢へと入渓する。


f:id:PerseidCross:20161010081640j:plain


F1を左壁から快適に直登すると、落ち口にびっしり残置があるので、それなりに入渓者は多いようだ。


f:id:PerseidCross:20161010082954j:plain


続く滝は左壁に取りつくがいやらしい草付きでやや苦戦。二俣を右に進んで出てくる8m滝は左岸から巻く。


f:id:PerseidCross:20161010090905j:plain


30m4段滝は見た目も立派なので、直登意欲を駆り立てられる。ハッチリードで右壁を登るが、落ち口で良い支点が取れないらしく小滝の上まで巻きあがってピッチを切る。


f:id:PerseidCross:20161010094838j:plain


その後もF5、F6と頑張れば登れそうな滝が続くが、時間が厳しかったのでここは右岸から一気に巻く。

やがて前方に左右に並んだ滝が見えてくるが、ここが地形図にも記載されている並び滝。沢自体は三ツ俣になっており、右俣と中俣の中間尾根を登って、途中で中俣の滝の途中に出る。落ち口からの景色は中々素晴らしい。


f:id:PerseidCross:20161010105338j:plain


この連瀑帯を越えると沢はゴルジュ地形になり、右手に15m2段滝が現れる。ここはロープを出して右壁を直登。この先はさらに強烈なゴルジュとなっており、先ほどと同じように右手から3段30mの滝が掛かる。


f:id:PerseidCross:20161010115027j:plain


本流沿いは少し先に登攀不可能な凄い切れ込みがあるが、よく見ると右手の滝を右岸から巻くトラバースラインが見出せるので、ここを登ることとする。最初は草付きでまともなプロテクションが取れず怖いが、後半は適度にブッシュがある。なんとなく踏み後チックでそれなりに使われている巻きルートという印象。
1ピッチで尾根の乗越に辿り付いてロープをしまい、藪漕ぎトラバースで連瀑帯の途中に戻る。


f:id:PerseidCross:20161010131048j:plain


15m滝はスタンスが細かいがなんとか登れそうなので、ロープを出して直登。登ってみるとその上にも滝が続いていたが、そのまま右岸の藪に入って最後は巻きで終わり。ここで滝沢の核心部は終了となる。

後は平凡な渓相を詰めていくのみだが、途中から極楽尾根への近道となる左手のクボに入り、多少藪を漕いで登山道に到着。メンバーのバスの時間がちょっと厳しそうだったので、急傾斜で泥で滑る登山道を駆け下り、最後の林道は走って駐車場へと戻る。

滝沢はその名の通り滝が延々と続く沢だったが、真沢や北沢のイメージと比べると渋めの渓相で、夏合宿のプレで来るようなイメージ。やや手強い滝もあるが、比較的巻きが明瞭なのでそれなりに安心感はある。

これでデトノアイソメ周辺の土地勘も大分身に付いたので、来週はいよいよ深遠部を目指す。